お ぼ え が き

言語学講演会のお知らせ

以下の要領で講演会を開催いたします。関心がおありのかたは、どなたでもご参会ください。 

■講 師
塩田 明子(慶應義塾大学非常勤講師)

■題 目
「時制と語りの種類-話し言葉におけるエピソード-」
モダリティ研究にとって重要な、時制・時間と発話の連続性の関係を実例によって示し、理論化を試みる。

■日 時
2014年10月3日(金)15時〜17時

■場 所
筑波大学第1エリア1C302会議室

この講演会は、科学研究費助成基金 基盤研究(C) 課題番号25370422「フランス語および日本語におけるモダリティの発展的研究」(研究代表者:渡邊淳也)によって実施されます。
日本フランス語学会第294回例会

日時: 2014年9月27日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 36号館6階681教室
発表者: 川上 夏林 (京都大学大学院)
「フランス語の心理・感覚動詞の意味構造と内的経験の事態認知パタンについて」
司会: 守田 貴弘 (東洋大学)



*早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) へのアクセス
http://flas.waseda.jp/flas/access/
*学会ホームページ
http://www.sjlf.org/
*日本フランス語学会事務局
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
青山学院大学フランス文学科合同研究室内



川上 夏林 (京都大学大学院)「フランス語の心理・感覚動詞の意味構造と内的経験の事態認知パタンについて」

 心理・感覚動詞、特に心理動詞は様々な理論的枠組みから考察されてきた。生成論的枠組みでは、意味役割と統語構造の間に強い結びつきがあると仮定されていたが、一部の心理動詞がその規則に反することから、その統語構造が問題となった。しかし、アスペクトの問題と関わる(1)〜(4)のような事例に目を向けてみると、意味役割の観点からは説明することのできない現象があることがわかる。

(1) a. Ces chaussures me blessent ( #m’ont blessé) aux talons.
  b. Ses paroles ont blessé (#blessaient) Marie.
(2) a. La beauté d’Ava Gardener a frappé( #frappe/#frappait) Humphrey Bogart.
  b. Il m’ennuyait (OK m’a ennuyé) un peu, mais je n’avais rien à faire et je n’avais pas sommeil.
(3) a. C’est seulement quand il m’a déclaré : « Maintenant, tu es un vrai copain », que cela m’a frappé. (A. Camus, ETRANGER)
  b. Je n’arrive pas à comprendre et ça m’énerve. (R. Wataya, APPEL DU PIED)
(4) a. Je m’énerve trop avec toutes ces choses.
  b. * Il se blesse par cette nouvelle.
  c. *Elle se heurte à ces idées.

 事例(1)〜(4)から窺うことができるように感覚的事態も含めた内的経験を表す動詞は、意味的・統語的振る舞いにばらつきがある。事例(1)は同じ動詞がだが、感覚的事態を表す場合(1a)と心理的事態を表す場合(1b)で、(非文法的でないにせよ)より自然に使われる時制に違いがあることがわかる(「#」で表す)。また、心理的事態を表す動詞の間でも、事例(2)が示すように、より自然な解釈となる時制が動詞によって異なることがわかる。実例の観察からも、複合過去を好む動詞(3a)と現在形・半過去形を好む動詞(3b)と時制の選択に違いがあることがわかる。加えて、これまであまり注目されることのなかった代名動詞の心理的用法に目を向けてみると、この用法が一部の動詞に限定されることがわかる(事例(4)、*容認不可)。
 以上の点を踏まえ、本研究ではアスペクト分析に基づいて心理・感覚動詞の意味構造の考察を行い、内的経験がいくつかの異なった事態認知パタンに基づいて意味付けられることを明らかにしてみたい。
東京フランス語学研究会 第16回研究会
 日時: 2014年9月27日(土) 13時から14時30分
 会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 36号館6階681教室
 発表者: 三浦龍介(青山学院大学大学院)
 題目: 前置詞dansの否定的評価用法について

#早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) :
 http://flas.waseda.jp/flas/access/

おかげさまで、今年度の研究会での発表者はすべて決定いたしました。
来年度の研究会で発表を希望なさるかたは、このメールの発信元アドレス、または下記ホームページの「お問い合わせ」の項目から、世話人あてにご連絡ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

#東京フランス語学研究会ホームページ:
 http://lftky.jimdo.com/

世話人:渡邊淳也 (筑波大学)・塩田明子 (慶應義塾大学非常勤)
http://apps.evozi.com/apk-downloader/

  <201408| 201409 |201410>